Linuxサーバー、管理者の14%が重大な被害を経験 | RBB TODAY

Linuxサーバー、管理者の14%が重大な被害を経験

エンタープライズ セキュリティ

管理者の14%が「重大なセキュリティ被害を経験していた」と回答
  • 管理者の14%が「重大なセキュリティ被害を経験していた」と回答
  • 「セキュリティ確保」が「サーバーの安定稼働」を上回る
 エフセキュアは26日、企業におけるLinuxサーバーのセキュリティ対策の実態について、調査結果を発表した。調査時期は5月で、Webサーバー等のOSとしてLinuxを利用する企業の管理者308名から有効回答を得た。

 それによると、管理者の14%が、Webページの改ざん、個人情報の漏洩など、事業の存続に関わる「重大なセキュリティ被害を経験していた」と回答した。また「今後LinuxサーバーOSに希望する機能」に関しては、47.4%が「セキュリティ確保」を挙げ、「サーバーの安定稼働」の35.1%を上回った。

 一方で、25%の管理者は「セキュリティ対策を実施していない」と回答している。対策を実施している企業でも、アンチウイルスだけというケースが多かった。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top