ドコモとauのiPhone所有者が増加……MMD研究所調査レポート | RBB TODAY

ドコモとauのiPhone所有者が増加……MMD研究所調査レポート

 MMDLaboは、同社が運営するMMD研究所にて、15歳以上の男女934人を対象に「2013年10月~2014年3月携帯端末購入に関する定点調査」を2014年4月14~16日に実施した。

IT・デジタル その他
ドコモとauのiPhone所有者が増加……MMD研究所調査レポート
  • ドコモとauのiPhone所有者が増加……MMD研究所調査レポート
  • ドコモとauのiPhone所有者が増加……MMD研究所調査レポート
  • ドコモとauのiPhone所有者が増加……MMD研究所調査レポート
  • ドコモとauのiPhone所有者が増加……MMD研究所調査レポート
  • ドコモとauのiPhone所有者が増加……MMD研究所調査レポート
 MMDLaboは、同社が運営するMMD研究所にて、15歳以上の男女934人を対象に「2013年10月~2014年3月携帯端末購入に関する定点調査」を2014年4月14~16日に実施した。

 期間中に携帯端末を購入した人の83.7%がスマートフォンを購入しており、これは前回調査より1.7%増となった。ドコモ、auのiPhoneシリーズ所有者が大きく増加している。以前利用していた携帯端末はフィーチャーフォンが43.7%、スマートフォンが56.3%となっている。

 調査では、2013年10月~2014年3月(6ヵ月)の期間にフィーチャーフォンまたはスマートフォンを購入した人(N=934)を対象に、現在所有している携帯端末を聞いたところ、「フィーチャーフォン」を所有している人が16.3%、「スマートフォン」を所有している人が83.7%だった。2013年10月に実施した同様の調査では「2013年4月~9月」まので期間にスマートフォンを所有している人は82.0%で、スマートフォン所有者は1.7%増だった。

 スマートフォン所有者(ドコモユーザーN=245、auユーザーN=269、ソフトバンクユーザーN=268)を対象に、利用しているスマートフォンについて聞いたところ、iPhoneシリーズの所有率が各キャリアともにトップだった。ドコモの iPhoneシリーズが前回の調査より20.0%、auでは18.0%増えている。iPhoneシリーズ以外で2割を越えたブランドはドコモのXperiaで24.9%だった。

 以前携帯端末を所有していたと回答した(N=915)を対象に、以前使っていた携帯端末を聞いたところ、43.7%の人がフィーチャーフォン、56.3%がスマートフォンを使っていたことがわかった。


「2013年10月~2014年3月携帯端末購入に関する定点調査」
●調査期間:2014年4月14~16日
●有効回答:934人
●調査方法:インターネット調査
●調査対象:15歳以上の男女
※本調査レポートの百分率表示は四捨五入しており、合計しても100%とならない場合がある。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top