公衆無線LANを傍受、エフセキュアが実験動画を公開 | RBB TODAY

公衆無線LANを傍受、エフセキュアが実験動画を公開

 エフセキュアは4日、 英国で行われた公衆無線LANでのハッキング実験に関する動画を公開した。日本語テロップを加えて、内容を解説するものとなっている。

ブロードバンド セキュリティ
実験の模様を解説した動画より(YouTube)
  • 実験の模様を解説した動画より(YouTube)
  • 実験の模様を解説した動画より(YouTube)
 エフセキュアは4日、 英国で行われた公衆無線LANでのハッキング実験に関する動画を公開した。日本語テロップを加えて、内容を解説するものとなっている。

 この実験は、公衆無線LAN(フリーWi-Fi)を使用したユーザーから、アカウントなどの情報を傍受し盗み取るものだ。侵入テストを専門とするMandalorian Security ServicesとCyber Security Research Instituteの協力のもと、実験が行われ、メアリー・ハニボール欧州議会議員、デイヴィッド・デイヴィス下院議員、ストラスバーガー上院議員という、英国の3人の政治家が参加し、許可を得た上でハッキングが実施された。

 その結果、ハニボール欧州議会議員は、Facebookのユーザー名とパスワードを抜き取られた。デイヴィス下院議員は、ペイパルとGmailで同じユーザー名とパスワードを使用しており、Gmailだけでなく、ペイパルへの侵入も可能であることが判明した。ストラスバーガー上院議員は、VoIPの通話を傍受されたという。

 動画は、約3分のショート版と約9分のロング版が公開中。


《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top