ブログをキャリアアップに活用、新しいアイデアが生まれることも | RBB TODAY

ブログをキャリアアップに活用、新しいアイデアが生まれることも

エンタメ 調査

ブログをキャリアアップに活用、新しいアイデアが生まれることも
  • ブログをキャリアアップに活用、新しいアイデアが生まれることも
  • ブログをキャリアアップに活用、新しいアイデアが生まれることも
  • ブログをキャリアアップに活用、新しいアイデアが生まれることも
  • ブログをキャリアアップに活用、新しいアイデアが生まれることも
 「ブログの仕事活用」に関する調査で、4人に1人が「ブログを書くことは、キャリアアップや昇進の近道」と回答し、文章力・思考力の強化や目標のモチベーション維持にも有用だと考えていることが分かった。

 トレンド総研が行った同調査は、ブログを日常的に書いている社会人2年目以上の20~50代会社員男女300人を対象に実施。

 「ブログが仕事に役立つと思う点」について、「新しい人との繋がりができる」(46%)、「文章力・表現力が身につく」(40%)といったメリットが上位に挙げられたほか、「(ネタ集めを意識することで)情報感度が高まる」(36%)、「社外の人とのコミュニケーションのきっかけになる」(31%)、「(目標を明言することで)モチベーション維持に役立つ」(29%)、「(自分の考えをまとめることで)深い思考力が身につく」(29%)、「社内の人とのコミュニケーションのきっかけになる」(24%)などの回答が見受けられた。

 また、「ブログを書くことは、キャリアアップや昇進の近道になる」と考えている人は24%と、4人に1人が回答。「社会人1年目からブログを始めることはメリットがある」と考えている人も69%と約7割が上記のメリットのほか、「後から成長の過程を振り返りやすい」、「知らなかったことを詳しく調べる習慣がつく」などの理由を挙げており、若手社員からは「上司の立場になった時に、新入社員の気持ちを振り返って指導できる」という声も挙がった。

 一方、「上司の立場から部下にブログを通じてメッセージを伝えたことがある」人は、37%と約4割が回答。「押し付けがましくならない。直接話す時と比べて、読み手にとっても内容を整理しやすい」(35歳・女性)、「上から目線ではなく、対等な人間としての気持ちを伝えられる。相手も素直に受け入れやすい」(36歳・男性)との声から、ビジネスシーンにおける新たなメッセージツールとして活用している上司が多いようだ。

 放送作家の鈴木おさむ氏は、「ブログは思考を整理するための場。コメント欄はアイデアをもらえる貴重な情報収集の場」と語る。鈴木氏は、日経トレンディネット(2014年5月8日掲載記事)で、「クリエイターに限らず、ブログで自分の考えをトレーニングとして書いてみるのはいい。人に見せるために発表する文書を作る時点で、考えが整理される」と仕事への活用術についてコメントしている。

 鈴木氏の言うように、ブログは思考や表現力のトレーニングになるほか、新しいアイデアや企画のきっかけが生まれることもあるコミュニケーションツール。若手社員はもちろん、先輩社員や上司の立場であるビジネスパーソンも、日々の生活にブログを取り入れて仕事に活用するとよいだろう。
《渡邊晃子》

関連ニュース

特集

page top