光ブロードバンド回線、2013年度は純増155.3万件で前年度並み | RBB TODAY

光ブロードバンド回線、2013年度は純増155.3万件で前年度並み

ブロードバンド 回線・サービス

FTTH回線事業者の契約数シェア
  • FTTH回線事業者の契約数シェア
  • ISP事業者のFTTH契約数シェア
  • ブロードバンド回線別契約数の推移・予測
 MM総研は28日、2013年度(2013年4月~2014年3月)のブロードバンド回線事業者の加入件数に関する調査結果を発表した。

 それによると、2014年3月末時点のFTTH(光回線サービス)の加入件数は2,540万件で前年度末比155.3万件(6.5%)増だった。FTTH市場全体の年間純増数としては、前年度の154.8万件とほぼ同水準。MM総研では、2014年度については5.3%増と予測している。

 FTTH回線事業者の契約数シェアでは、NTTのフレッツ光(2014年3月末の東西合計)が加入件数1,805万件で、シェア71.1%。KDDIグループは「auスマートバリュー」を引き続き展開。加入件数323.6万件でシェア12.7%。純増数は36.6万件と前年度の60.2万件から4割減少した。ケイ・オプティコムは、課金開始月より3か月間の料金を無料にする「スタートダッシュ割」など、料金施策の継続展開で獲得を進めた結果、2014年3月末で148.4万件でシェア5.8%となった。

 ISP事業者のFTTH契約数シェアでは、OCNが24.5%でシェアをやや落としたものの、依然として2位以下に大きく差をつけている。2位のYahoo!BBは年間純増数が42.3万件と大きく増え、シェア9.9%と拡大した。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top