水中映像の安定した生中継が可能に……NHKが「水中ワイヤレスIP伝送技術」を開発 | RBB TODAY

水中映像の安定した生中継が可能に……NHKが「水中ワイヤレスIP伝送技術」を開発

ブロードバンド その他

水中ワイヤレスIP伝送のイメージ例
  • 水中ワイヤレスIP伝送のイメージ例
  • 送信レート制御の仕組み
 日本放送協会(NHK)は15日、水中撮影においてカメラ映像を伝送するための「水中ワイヤレスIP伝送技術」を開発したことを発表した。

 一般に、水中カメラの映像を生中継する場合、カメラケーブルは水の抵抗を受けやすく、複数のダイバーが必要とされた。「水中ワイヤレスIP伝送技術」は、水中での減衰が少ない青色可視光を伝送に用いることで、カメラケーブルを不要としている。

 あわせてNHKでは、生中継に適したIP伝送技術を開発。障害物の通過後、伝送が再開したときには、映像データと誤り訂正データの送信レートを下げて、伝送路の遮断中に届けられなかった映像データを再送データとして優先的に届けることにより、映像を安定に伝送する。これにより、一時的に受信データが欠落した場合でも、受信側からの自動制御で欠落データを優先的に再送するなど、安定伝送を可能とした。

 この研究成果は、5月29日~6月1日に開催される「技研公開2014」に展示される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top