【ドコモ 2014夏モデル】三辺狭額縁の「EDGEST」デザイン採用、5.4型「AQUOS ZETA SH-04F」 | RBB TODAY

【ドコモ 2014夏モデル】三辺狭額縁の「EDGEST」デザイン採用、5.4型「AQUOS ZETA SH-04F」

IT・デジタル モバイル

5.4型「AQUOS ZETA SH-04F」オレンジモデル
  • 5.4型「AQUOS ZETA SH-04F」オレンジモデル
  • 5.4型「AQUOS ZETA SH-04F」オレンジモデル背面
  • 5.4型「AQUOS ZETA SH-04F」ブラックモデル
  • 5.4型「AQUOS ZETA SH-04F」ブラックモデル背面
  • 5.4型「AQUOS ZETA SH-04F」ホワイトモデル
  • 5.4型「AQUOS ZETA SH-04F」ホワイトモデル背面
 「AQUOS ZETA SH-04F」は、NTTドコモ夏モデルスマートフォンの中で最大の5.4インチ液晶を搭載。三辺狭額縁の「EDGEST」デザインを採用することで、持ちやすさも兼ね備えている。5月23日の発売を予定している。ドコモオンラインショップでの一括価格は85,320円。

 三辺狭額縁の「EDGEST」デザインは、ドコモのスマートフォンでは初。上部と左右のベゼル幅を狭め、液晶が前面の約81%を占める。側面が滑りにくい六角形の「ヘキサグリップシェイプ」となり、大画面と持ちやすさを兼ね備えた。手に持つだけでロック画面が解除する「グリップマジック」も搭載される。

 ディスプレイは5.4インチのフルHD(1,920×1080ピクセル)IGZO液晶、OSはOSはAndroid 4.4、プロセッサはクアッドコアのMSM8974AB(2.3GHz)、メモリは2GB、ストレージは32GB。

 メインカメラは1300万画素で、4K動画対応。逆光でもブレの少ない綺麗な写真が撮れる「リアルタイムHDR」、うす暗い場所でも人物を明るく撮影できる「NightCatch II」、シーンに応じて適切なアドバイスを表示し、撮影をサポートする「フレーミングアドバイザー」、上下左右360度のパノラマ写真撮影が可能な「全天球撮影」にも対応する。

 VoLTEにも対応。IEEE 802.11 a/b/g/n/ac W-Fi、Bluetooth 4.0、NFC、フルセグ/ワンセグ、おサイフケータイ、テザリング、防水(IPX5/7)、無線規格ANT+、急速充電2、緊急症電力モード、プリンタ連携機能も装備する。

 バッテリ容量は3,300mAhで夏モデル中最大。待ち受け時間は3Gで約900時間、LTEで約770時間、連続通話時間は1380分(3G)。本体サイズは幅74mm×高さ140mm×奥行9.3mm、重量は154g。ボディカラーはオレンジ、ブラック、ホワイトの3色。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top