岡本太郎の芸術作品「太陽の塔」が超合金ロボに! | RBB TODAY

岡本太郎の芸術作品「太陽の塔」が超合金ロボに!

エンタメ その他

「超合金 太陽の塔のロボ」(バンダイ)
  • 「超合金 太陽の塔のロボ」(バンダイ)
  • 3形態に変形可能
 日本を代表する芸術家・岡本太郎氏の代表作品であり、1970年に日本万国博覧会のシンボルとして大阪に建造された「太陽の塔」が超合金ロボとして生まれ変わったバンダイ「超合金 太陽の塔のロボ」が9月27日に発売されることがわかった。

 バンダイの商品ブランド「超合金」の生誕40周年を記念して実現した今回のコラボ。太陽の塔の造形に魅せられたデザイン担当者が、「『太陽の塔』がロボットだったら?」という発想から立案し、その造形美を生かしながら、魅力を独自の解釈で余すことなくデザインに落とし込んだという。そのデザインを岡本太郎記念館館長・平野暁臣氏より高く評価され、同氏完全監修のもと商品化が実現した。

 「超合金 太陽の塔のロボ」は、手足を塔内に格納している状態の「塔形態」から手や足を展開した「ロボ形態」に変形が可能。。さらに、胴体上部と中央部の開閉式パネルを開いて、内蔵されている超兵器を発動することができるという設定の「超兵器発動形態」へと変形させることができる。また、脚部や腕部フレームの一部にダイキャスト(亜鉛合金)を使用しており、手足は関節可動が可能。飾るだけでなく、動かして遊べる仕様となっている。

 同商品のサイズ(全高)は塔形態時が約215mm、ロボ形態時は約280mm。重さは約290g。価格は1万8360円(税込)。5月8日より全国のホビーショップやインターネット通販等で予約解禁。
《花》

関連ニュース

特集

page top