ヤマハ、ロックに特化したVOCALOID3歌声ライブラリ『ブイフラワ』販売開始 | RBB TODAY

ヤマハ、ロックに特化したVOCALOID3歌声ライブラリ『ブイフラワ』販売開始

ブロードバンド その他

ロゴ
  • ロゴ
  • シンボルキャラクター「flower(フラワ)」
  • 価格と発売日
 ヤマハは4月18日、「VOCALOID3」対応の女性歌声ライブラリ『VOCALOID3 Library v flower(ブイフラワ)』を発表した。パッケージ版を今夏より全国の楽器店などで発売開始する。パッケージ版に先行してダウンロード版を5月9日より販売する。

 「VOCALOID」は、歌詞とメロディー(楽譜情報)を入力するだけで楽曲のボーカルパートを制作できる歌声合成技術および、その応用ソフトウェア。「VOCALOID3」はその最新版で、“歌声ライブラリ”と呼ばれる歌手の声のデータベースをインストールすることで、パソコン上で自由に歌声の制作が行える。

 『VOCALOID3 Library v flower』は、「VOCALOID3」用の日本語の女性歌声ライブラリで、ロックに特化しており、“キレのある力強い歌声”が特徴とのこと。推奨音域はF#2からF4、推奨テンポは80~200BPMと幅広く設定されている。「VOCALOID Editor for Cubase NEO」「Cubase 7シリーズ」とあわせて使用することで、Mac環境でも使用できる。

 シンボルキャラクターである「flower(フラワ)」は、人気クリエイターユニット「HoneyWorks」のメンバーである「ヤマコ」氏が、同じく「HoneyWorks」のサポートメンバーでも知られる「ろこる」氏のキャラクターデザイン案をもとに描き下ろしたコラボキャラとなっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top