テリー伊藤、小保方さんへのバッシングが急にトーンダウン | RBB TODAY

テリー伊藤、小保方さんへのバッシングが急にトーンダウン

エンタメ その他

小保方さんを痛烈に批判していたテリー伊藤(公式プロフィールより)
  • 小保方さんを痛烈に批判していたテリー伊藤(公式プロフィールより)
 このところ理化学研究所の小保方晴子・研究ユニットリーダーを痛烈に批判していたタレント・テリー伊藤が、小保方さんの会見を前にして突如トーンダウン。9日朝の情報番組「スッキリ!!」(日本テレビ系)では、おとなしめの発言が続いた。

 小保方さんが発表した新型万能細胞「STAP細胞」の論文に不正疑惑が浮上。調査の結果、理化学研究所は論文に捏造・改ざんがあることを認めた。小保方さんは反論のため9日に大阪市内で記者会見を行うと発表している。

 はじめテリー伊藤は小保方さんに同情気味。3月12日の「スッキリ!!」では、巻き起こる小保方さんバッシングを「魔女狩りみたい」と揶揄していた。だが、考えが変わったのだろうか。4月に入り、突如小保方さんを批判するようになった。

 4日のラジオ番組「テリー伊藤のフライデースクープ そこまで言うか!」(ニッポン放送)、6日の「サンデージャポン」(TBS系)と続けて小保方さんを激しく非難している。「自分大好き女」とからかい、ユニットリーダーに抜擢されたのも「可愛い」からだと憶測。男ころがしならぬ“博士ころがし”の才能があったのだろうと持論を展開させた。

 しかし、会見直前の9日朝、急に勢いが落ちた。小保方さんに関するニュースにも口数は少なく、コメントは「会見で出る小保方さんの人間性にも注目したい」というおとなしめのもの。数日前の勢いはどこへ、だ。

 なお、テリー伊藤の小保方さんへの一連の発言には、ネット上で「品がない」「思い込みでデマを拡散させるタイプ」と批判が寄せられていた。とくに8日夜には、作家で実業家の北原みのりさん、漫画家・瀧波ユカリさんといった著名人たちもTwitterで違和感を表明する事態となっていた。

 コメンテーターとしてときには過激な意見も口にしていたテリー伊藤だったが、ついに炎上を察知。「ここは控えたほうがいい」と判断してのトーンダウンだったのかもしれない。
《原田》

関連ニュース

特集

page top