JAXA、スパコンシステムを刷新……富士通PRIMEHPCの次世代モデル採用 | RBB TODAY

JAXA、スパコンシステムを刷新……富士通PRIMEHPCの次世代モデル採用

エンタープライズ ハードウェア

イプシロンロケットの低騒音射点シミュレーション(画像提供:JAXA/情報・計算工学センター)
  • イプシロンロケットの低騒音射点シミュレーション(画像提供:JAXA/情報・計算工学センター)
  • 現在のJAXAスーパーコンピュータシステム
 富士通は4月7日、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の新スーパーコンピュータシステムを受注したことを発表した。システム全体の理論ピーク性能は、現行システムの約24倍となる3.4ペタフロップスになる見込み。

 このシステムは、同社が開発中の「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX10」の後継機を中核にしたシステムとなる。「PRIMEHPC FX10」の後継機は、PRIMEHPCシリーズの次世代モデルとして開発を進められており、1テラフロップスクラスの性能を持ちTofuインターコネクトを統合したSPARC64シリーズの最新プロセッサや、高いメモリ性能を発揮するHybrid Memory Cubeなど、最先端のテクノロジーを活用したものになる予定だ。

 新スーパーコンピュータシステムは、段階的な導入を計画しており、2014年10月に一部のシステムが稼働、2016年4月より全面稼働する予定。なお新システムは、人工衛星が取得した画像などのデータ補正処理も実施する予定となっており、これまで数か月を要していた処理時間を大幅に短縮できるという。

 また、サブシステムとして、160台の「FUJITSU Server PRIMERGY RX350 S8」で構成されたPCクラスタシステムや大規模メモリ空間を利用したシミュレーションのためのサーバを有するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top