世界最小クラスのIEEE802.11ac対応無線LAN子機「手裏剣」 | RBB TODAY

世界最小クラスのIEEE802.11ac対応無線LAN子機「手裏剣」

IT・デジタル 周辺機器

PCのUSBポートに挿しても邪魔にならないサイズの無線LAN子機「手裏剣(GW-450S)」
  • PCのUSBポートに挿しても邪魔にならないサイズの無線LAN子機「手裏剣(GW-450S)」
  • 無線LAN子機「手裏剣(GW-450S)」
 プラネックスコミュニケーションズは2日、世界最小クラスのIEEE802.11ac対応無線LAN子機「手裏剣(GW-450S)」を発表した。発売は4月中旬、価格はオープンで予想実売価格は2,480円(税抜)。

 USB端子を備えたUSB接続タイプの無線LAN子機。11ac対応無線LAN親機と組み合わせることで、最大433Mbpsの転送速度で通信が可能。IEEE 802.11a/n/acに対応する。

 5GHz帯専用とすることで小型化したことが最大の特長。本体サイズは16.0×18.8×7.3mm、重量2g。WPSにも対応しており、対応の親機であればワンタッチで接続設定が可能。初心者でも簡単に設定が行えるとしている。Mac OSにも対応している。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top