三菱電機と時刻表情報サービス、Facebook活用の情報配信を実証実験 | RBB TODAY

三菱電機と時刻表情報サービス、Facebook活用の情報配信を実証実験

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

コンテンツ表示イメージ
  • コンテンツ表示イメージ
  • メディアミックス配信サービス実証実験イメージ
  • コンテンツゲートウェイシステム「WENDY(ウェンディ)」
 三菱電機と時刻表情報サービスは3月27日、千代田区丸の内の三菱電機本社において、交通事業者等向けメディアミックス配信サービスの実証実験を行うことを発表した。ソーシャルメディアへの投稿記事をコンテンツ化してリアルタイムにデジタルサイネージで放映する。

 今回の実験では、三菱電機のデジタルサイネージ配信システム「MEDIAWAY」と、時刻表情報サービスのコンテンツゲートウェイシステム「WENDY」との連携によるもの。4月1日より、三菱電機本社の1階受付に設置された大型LED映像装置「オーロラビジョン」に、三菱電機がFacebookに投稿した記事を、WENDYにて自動コンテンツ化し、MEDIAWAY ASP配信運用サービスを利用してリアルタイム配信する。

 三菱電機「MEDIAWAY」 は、液晶ディスプレイから液晶マルチ大画面表示装置、大型LED映像装置オーロラビジョンなど、さまざまなタイプの表示機器をIPネットワークでつないで一括管理できるシステム。業界初のスケールフリー配信により、コンテンツを短時間で配信可能となっている。一方、時刻表情報サービス「WENDY」は、FacebookやTwitterの記事をサイネージのコンテンツとして放映できるシステム。新しい記事を投稿すると、WENDYのAPI取得により、サイネージも自動的に更新されり。放映前に管理者にて事前チェックできる審査機能を実装しており、特定ワードが入った記事のみのコンテンツ化、禁止ワードが入った記事のコンテンツ化除外などが可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top