ドコモ、事業者間の携帯電話パケット接続料を大幅低減 | RBB TODAY

ドコモ、事業者間の携帯電話パケット接続料を大幅低減

エンタープライズ モバイルBIZ

パケット接続料の推移
  • パケット接続料の推移
  • 接続料の主な改定内容
 NTTドコモは3月24日、2013年度適用の事業者間における携帯電話のパケット接続料改定について、総務大臣へ届出を行った。料金は、総務省におけるガイドラインに準拠し算定されたものとなっている。

 「パケット接続料」は、MVNO(仮想移動体通信事業者)などがドコモ回線を利用した際に、ドコモに対して支払う“利用料金”だ。

 今回、2012年度適用のパケット接続料から大幅に低減されており、レイヤ2接続の場合で、2,846,478円/月から1,234,911円/月と、56.6%減少に改定された。レイヤ3接続では、3,691,297円/月から1,795,815円/月に改定された。

 2013年4月1日に遡って適用され、ドコモ網との相互接続点について、GTP接続するものには「レイヤ2接続」の料金が、それ以外の場合には「レイヤ3接続」の料金が適用される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top