九州先端科学技研と富士通、スパコンプログラム高速化をビッグデータ分析で実現する技術を共同開発 | RBB TODAY

九州先端科学技研と富士通、スパコンプログラム高速化をビッグデータ分析で実現する技術を共同開発

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「九州先端科学技術研究所」サイト
  • 「九州先端科学技術研究所」サイト
 九州先端科学技術研究所(ISIT)、富士通、富士通研究所は3月20日、次世代のエクサスケールスーパーコンピュータに向けたユーザープログラムの高速化に関して、ビッグデータ解析による自動高速化手法を確立したことを発表した。

 今回開発された技術は、コンパイラの最適化手法で、これまでにコンパイル・実行された多種多様なユーザープログラムの特徴や、用いた最適化オプションの組合せ、そしてユーザープログラムを実行した際の性能を蓄積して活用することで、人手によらないプログラム高速化を実現した。ユーザーが経験を元に試行錯誤する、従来の人手による高速化手法と比べて、平均65%以上、最大で3倍以上の実行速度高速化が可能だという。

 ユーザープログラムの特徴決定とシステム試作は、九州大学の村上研究室とISITのシステムアーキテクチャ研究室が共同で実施。ビックデータ解析に基づいて実施されるユーザープログラムの解析と最適化技術には、富士通および富士通研究所の技術が適用されている。

 今後、ISIT、富士通、および、富士通研究所は実用化に向けて研究開発を推進する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top