ドコモ、音波を使うチェックインソリューション「Air Stamp」企業向け提供開始 | RBB TODAY

ドコモ、音波を使うチェックインソリューション「Air Stamp」企業向け提供開始

ブロードバンド その他

ロゴ
  • ロゴ
  • 実装方法
 NTTドコモは3月4日、音波技術を用いてスマートフォンアプリにチェックイン機能を組み込むことができるソリューション「Air Stamp」の提供を開始した。

 ドコモは、O2Oサービス「ショッぷらっと」で、人間の耳には聞こえない音波技術を利用したチェックイン機能を採用している。今回その技術をオープン化し、モバイルサービス提供事業者向けにソリューションとして提供する。「Air Stamp」では、チェックインサービス構築のために必要な音波装置や、対応アプリを開発するための環境を、ドコモが提供する。音声用マイクが搭載されていれば基本的に対応機種とできる。ドコモ独自の認証技術により、録音等による不正チェックインも防止されている。

 モバイルサービス提供事業者側は、アプリ開発SDKをスマートフォンのアプリケーションに組み込むことで、音波装置が設置されたエリアにて独自のチェックインサービスが構築できる。自社店舗における独自のポイントサービスやクーポン配信サービス、博物館での館内案内やイベント会場での情報配信など、GPS等が利用できない場所でのスマートフォン向けチェックインサービスを自社で開発することが可能。

 JR東日本のスマートフォン向け情報配信アプリ「JR東日本アプリ」でも活用される予定(3月10日配信開始)。山手線車両内に設置された音波装置により、乗車中の位置に応じて、車両の停車駅案内やホーム案内、各号車の乗車率や車内温度といった運行関連情報をリアルタイムに確認できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top