日本電気と米HP、企業ネットワーク分野のSDN領域で協業 | RBB TODAY

日本電気と米HP、企業ネットワーク分野のSDN領域で協業

エンタープライズ 企業

協業1:企業向けSDN領域におけるオープンなエコシステムの実現
  • 協業1:企業向けSDN領域におけるオープンなエコシステムの実現
  • 協業2:オープンな標準技術でのSDN対応ネットワーク機器の相互接続性の強化
  • NEC、HPの両社が、顧客にもたらすベネフィット
 日本電気(NEC)と米ヒューレット・パッカードカンパニー(HP)は3月4日、両者のIT分野における協業関係を、企業向けネットワーク分野のSDN領域に拡大することを発表した。

 「企業向けSDN領域におけるオープンなエコシステムの実現」「オープンな標準技術でのSDN対応ネットワーク機器の相互接続性の強化」の2つを柱とするもので、オープンな標準仕様にもとづいて、アプリケーションからネットワーク制御を柔軟に行える仕組みを顧客に提供し、特定企業に依存しないICT基盤の構築を可能にするという。

 具体的には、両社はさまざまなアプリケーションベンダーと連携し、オープンな標準仕様にもとづいて動的に仮想ネットワークをコントロールする機能を持つSDN対応アプリケーションを、マーケットプレースを通して提供する。APIの標準化も推進する。

また、NECのSDNコントローラとHPのSDN対応スイッチとの相互接続やNECのVirtual Tenant Network(VTN)アプリケーションとHPのSDNコントローラの相互接続連携等を実現し、SDN対応のネットワーク基盤をグローバルに提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top