東京マラソン直前! 持久力アップに今からでも間に合う「プレワークアウト」とは? | RBB TODAY

東京マラソン直前! 持久力アップに今からでも間に合う「プレワークアウト」とは?

エンタメ スポーツ

東京マラソン(資料画像) (c) Getty Images
  • 東京マラソン(資料画像) (c) Getty Images
 今年も多くの参加者が見込まれる東京マラソンの開催(2月23日)まであとわずか。昨今では“ランニング女子”と呼ばれる女性ランナーも増加しているが、健康維持や美容などを目的として取り組んでいる女性たちの間では、パフォーマンスをアップさせる方法として「プレワークアウト」と呼ばれる活動が注目を集めつつあるようだ。

 シトルリン研究会の調査によると、ランニングに取り組んでいる20~49歳の女性ランナーは、ランニングの目的を「健康維持のため」(84.8%)、「ダイエットのため」(67%)、「美容のため」(52.4%)としており、健康で美しい身体づくりを目指して取り組んでいるという。

 そのため、約9割の女性ランナーが、走る頻度や走行時間、距離などについて定量目標を設定しているが、その内の約7割のランナーはそれらの目標を達成できずに「持久力アップ」や「筋力をつける」などの課題を感じている。そしてその改善策として日頃から「ストレッチ」や「筋力トレーニング」、「フォームの改善」に取り組んだり、ランニング直前には「スポーツドリンクなどの水分摂取」や「糖分・炭水化物などのエネルギー摂取」などの対策を講じているが、そうした対策の中にが直接「持久力」向上に働きかける具体策がなかった。

 その持久力向上に効果的とされるのが「プレワークアウト」。日本ではまだ馴染みのないものだが、アメリカでは、運動前に実施しパフォーマンスをあげる活動として知られている。ワークアウトの前、すなわち運動前に実施する行為全般を意味するが、その中でも特に運動の持久力アップやパフォーマンスアップに向けて、サプリメントなどを摂取することで体の内側から働きかけることを指す。一般的には、持久力アップのための方法といえばトレーニングしかないと思いがちだが、意外にも適したサプリメントを摂取することが持久力アップに効果だというわけだ。

 同調査によると、改善策として「サプリメント摂取」を行っている女性ランナーは2割程度。持久力アップを課題としながらなかなか改善できないでいる人は、プレワークアウトの見直しも考えてみてはいかがだろうか。
《花》

関連ニュース

特集

page top