DeNA、アプリでの学習効果について公立小学校で検証……ビッグデータ解析も | RBB TODAY

DeNA、アプリでの学習効果について公立小学校で検証……ビッグデータ解析も

ブロードバンド テクノロジー

「アプリゼミ」画面イメージ
  • 「アプリゼミ」画面イメージ
  • 東京都多摩市立 東愛宕小学校
 ディー・エヌ・エー(DeNA)は2月12日、スマートフォンやタブレットを使った通信教育アプリ「アプリゼミ」を使い、学習への影響に関する検証とビッグデータ解析を、東京都の公立小学校他で実施することを発表した。

 2月10日から、東京都多摩市立東愛宕小学校の1年生を対象に、開発中の一部機能の評価テストを開始したとのこと。早稲田大学(人間科学学術院 向後千春教授、森田裕介研究室)が協力し、実際の児童たちの反応や変化、学習との連動性について分析する。他校での実施も予定している。

 DeNAは、この検証により、アプリを使った効果的な学習システム構築を追求するのが狙いだとしている。

 なお東愛宕小学校では、4月から新1年生を対象に、授業外学習のICT化の一貫としてアプリゼミ「小学1年生講座」を活用する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top