日本オプロ、中間アプリの開発が不要なERP連携ソリューション「OPRO DB Bridge」発表 | RBB TODAY

日本オプロ、中間アプリの開発が不要なERP連携ソリューション「OPRO DB Bridge」発表

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「OPRO DB Bridge」利用イメージ
  • 「OPRO DB Bridge」利用イメージ
  • インターフェイスのイメージ
 日本オプロは2月7日、出力したい帳票のデータを管理するERPと帳票テンプレートをシームレスに連携するERP連携ソリューション「OPRO DB Bridge」を発表した。

 「OPRO DB Bridge」は、ERP等基幹システムからのデータの抽出機能や帳票テンプレートとのデータマッピング機能、帳票出力指示機能を備えたソリューション。データベースに、帳票出力用のViewを用意することで、DB Bridgeの「データマッピング機能」を利用してViewに格納されたデータと帳票テンプレートを簡単にマッピング(紐付け)でき、中間アプリの個別開発などは不要となる。帳票クラウド『OPROARTS』、オンプレミスの『OPRO X Server』と組み合わせることもできる。

 データマッピングや設定は、ドラッグ&ドロップで直感的に行えるため、プログラミングなどの知識は不要。完成したマッピング情報から、DB Bridgeの「帳票出力指示機能」により、帳票を出力する。出力の際は、検索条件により出力対象のデータを簡単に抽出して選択可能。さらに、帳票のメール送信やFAX配信の設定も簡単に行える。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top