14万本のキャンドルが灯る幻想的な世界……「小樽雪あかりの路」が明日開幕 | RBB TODAY

14万本のキャンドルが灯る幻想的な世界……「小樽雪あかりの路」が明日開幕

エンタメ その他

小樽雪あかりの路(過去イベント時の様子)
  • 小樽雪あかりの路(過去イベント時の様子)
  • 「小樽雪あかりの路」公式サイト
  • 過去イベント時の運河会場の様子
  • 過去イベント時のあかりの回廊・手宮線会場
 北海道・小樽で毎年開催されている雪とろうそくの祭典「小樽雪あかりの路」が、7日に開幕する。歴史的な街並みに並べられた、一つひとつが手作りによるキャンドルの温かな灯火を眺めながら、ほっこりと癒やされたい人にオススメのイベントだ。

 1999年に初開催され、今回で第16回を迎える「小樽雪あかりの路」。開催当初から、「~時代が変わっても、不変なもの~ を大切にしたい」という思いをコンセプトに、「さっぽろ雪まつり」とは対照的に、市民やボランティアによる「参加型」「手づくり」にこだわって回を重ね、近年では50万人前後が来場する、北海道を代表する冬のイベントとなっている。

 メイン会場となる小樽運河の「運河会場」では、滔々と流れる水面に数百もの浮き玉キャンドルが浮かび、幻想的な天の川に。そして、そのほとりには毎年オリジナリティーあふれるオブジェが並ぶ。同じくメイン会場で、北海道で最初に開通した鉄道遺構「旧手宮線跡地」に展開される「手宮線会場」は、雪あかりの路の原点を感じるスペース。新しいアイデアを駆使したオブジェが迎えるほか、子どもも楽しめる滑り台なども設置される。

 そのほか、準メーン会場となる「朝里川温泉会場」や、「天狗山会場」「堺町会場」「JR小樽」といった市内の各会場を舞台に、期間中は延べ14万本もの素朴なキャンドルが設置され、灯火が消えるたびにまた一つひとつ手で灯される。その火は、雪の日も、風の日も守り続けられ、小樽の夜を絶え間なく照らし、そこを訪れた人々を温かく迎える。

 「小樽雪あかりの路」は2月7日~16日の期間で開催。キャンドル点灯時間は毎日午後5時~9時となっている。
《花》

関連ニュース

特集

page top