東芝グループ、新コミュニケーション基盤にMicrosoft LyncとKDDIクラウド採用 | RBB TODAY

東芝グループ、新コミュニケーション基盤にMicrosoft LyncとKDDIクラウド採用

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

音声/ビデオ通話、Lync会議、プレセンス情報、IMが1クライアントにまとまっている
  • 音声/ビデオ通話、Lync会議、プレセンス情報、IMが1クライアントにまとまっている
  • 仮想会議では、最大5名の会議出席者を表示
  • HDビデオが利用可能
  • タブレットでも利用可能
 KDDIと日本マイクロソフトは1月27日、東芝および東芝グループの新コミュニケーション基盤に、ユニファイド・コミュニケーションシステム「Microsoft Lync」が採用されたことを発表した。

 新コミュニケーション基盤は、電話や電子メール、在席表示、オンライン会議を統一したプラットフォームとなる。組織・部門間コミュニケーションの活性化によるイノベーションの推進、多くの事業所間の移動による時間・コストの軽減、有事の際の事業継続計画などが狙いとのこと。

 「Microsoft Lync」をKDDIのクラウド基盤サービス「KDDIクラウドプラットフォームサービス」上に構築し、運用とセットにして提供するもの。すでに、東芝のスマートコミュニティセンター(神奈川県川崎市)での運用を開始しており、今後は国内拠点に拡大する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top