データ活用挑戦イベント「データジャーナリズム・ハッカソン」開催へ 朝日新聞社 | RBB TODAY

データ活用挑戦イベント「データジャーナリズム・ハッカソン」開催へ 朝日新聞社

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

データジャーナリズムの例(動くグラフで見る予算の変遷)
  • データジャーナリズムの例(動くグラフで見る予算の変遷)
  • 未来メディアプロジェクト ロゴ
  • 朝日新聞デジタル ロゴ
 朝日新聞社は1月20日、さまざまなスキルを持った人が集まり、コンテンツやアプリケーション作りに挑戦するイベント「データジャーナリズム・ハッカソン」を開催することを発表した。

 朝日新聞社からは、災害・気象、社会保障、開発・経済、スポーツ、文化などの各分野の記者が参加。社外から、プログラマーやデザイナー、データ分析などのスキルを持った参加者を募集する。データを活用して社会問題を分かりやすく伝えるコンテンツやアプリの作成を目指す。1グループ8人程度、6、7グループで行う予定(参加定員は80人)。

 グランプリ作品は、5月に開かれるシンポジウム(マサチューセッツ工科大学メディアラボと共催)で参加者による発表の場を設ける。データ提供については、オープンデータに取り組む国際機関、行政データ公開サイト「data.go.jp」を試行的にスタートしている内閣府の協力を得る計画だ。

 2月20日に企画を練るアイデアソン、3月1日・2日に実際の制作に着手するハッカソンを、朝日新聞東京本社 読者ホール他で開催する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top