「医龍4」が今夜スタート! 初回は2時間スペシャルでインドロケ敢行 | RBB TODAY

「医龍4」が今夜スタート! 初回は2時間スペシャルでインドロケ敢行

エンタメ 映画・ドラマ

インドロケを敢行した「医龍4」初回は2時間スペシャル
  • インドロケを敢行した「医龍4」初回は2時間スペシャル
  • 「医龍4」のキャスト陣
 坂口憲二主演のフジテレビ系医療ドラマ「医龍」シリーズ第4弾「医龍4~Team Medical Dragon~」が、本日9日午後9時より2時間スペシャルでスタート。約3年ぶりとなるファン待望の新シリーズは、なんとインドから幕を開ける。

 インドに降り立ったのは、高橋克典演じる国際経営コンサルタント・岡村征。医師よりも医療に詳しく、政治にも経済にも精通した敏腕経営コンサルタントである岡村が、近年、経済の活性化のため日本との関係強化が重要視されているインドで何かを画策しているところから新シリーズは始まる。

 日本の医療が世界進出という劇的な局面を迎え、大きく変わろうとしている現状を描く今作。国内では地方の医療を担ってきた中規模病院の経営が困窮するなど、厳しい現実の中で、坂口演じる天才心臓外科医・朝田龍太郎と「チームドラゴン」が理想の病院を作るために再結集して動き出すが、そんなチームドラゴンにとって今までにない強力なライバルとして登場するのが岡村だ。

 理想を追い求める朝田らと対立する、正論でシビアに物事を裁いていく岡村。そんな役どころを演じる高橋は、公私ともに初めて訪れたという今回のインドロケを通じ、岡村の気持ちをつかむことができたという。「医療が本当に必要な場所でもあるし…彼(岡村)が劇中で言っていることは“悪”ではなくて現代的な核心的な意見で“正論”なんですよ。無償で医療は出来ないし、病気の早期発見にはきちんとした設備が必要だし、ではその機械のお金はどこから出すのかという話ですし。彼が言っていることは“実情”なんですよね。それをはっきり言うと必ず反感を買うという…そういう役なので非常に面白いです」と、あらためて切れ者の岡村という役、そして、今の医療問題に切り込んでいる「医龍4」という作品に対して手応えを感じたようだ。

 また、インドでの撮影シーンについて、「スーパードクター(=朝田)がいて、その彼を中心に組織立っている『医龍』としてはちょっと変わった見せ方になっていますし、それを意識して演じてきました。何せ妖怪がバックにいるので…(笑)」と意味深な発言も。果たしてその“妖怪”とは――。

 「医龍4~Team Medical Dragon~」初回は1月9日午後9時~10時48分放送。
《花》

関連ニュース

特集

page top