東名阪100地点の通信速度調査、iPhone・Androidともに最速はソフトバンク | RBB TODAY

東名阪100地点の通信速度調査、iPhone・Androidともに最速はソフトバンク

ブロードバンド 回線・サービス

東名阪100地点のキャリア別ダウンロード平均速度 iPhone
  • 東名阪100地点のキャリア別ダウンロード平均速度 iPhone
  • 東名阪100地点のキャリア別ダウンロード平均速度 Android
  • 東名阪100地点のキャリア別WEB平均表示時間 iPhone
  • 東名阪100地点のキャリア別WEB平均表示時間 Android
  • 東名阪100地点のキャリア別ダウンロード平均速度(地域別) iPhone
  • 東名阪100地点のキャリア別ダウンロード平均速度(地域別) Android
  • 東名阪100地点のダウンロード速度分布 iPhone
  • 東名阪100地点のダウンロード速度分布 Android
 クロス・マーケティングは、携帯電話3キャリアのiPhone 5cとAndroidを使い実施した「ラッシュアワー通信速度調査(東名阪100地点)」の結果を発表した。

 調査は12月9日から12月13日まで、ラッシュアワー(7~10時、17~20時)の東京圏、名古屋圏、大阪圏合計100地点で行われた。使用されたのは、3キャリアのiPhone 5cとAndroid端末(Xperia Z1 SO-01F、Xperia Z1 SOL23、AQUOS PHONE Xx 302SH)。ダウンロード速度の計測には「BNRスピードテスト」を使った。また、WEB表示時間調査として、Yahoo! Japanトップページの表示時間を計測した。計測はそれぞれ3回ずつ行い、平均値を算出した。

 100地点のダウンロード平均速度は、iPhoneで13.47Mbps、Androidで10.78Mbpsを記録し、どちらもソフトバンクがトップとなった。両OSとも2位はauで、iPhoneは9.31Mbps、Androidは10.27Mbps。ドコモはiPhoneで5.6Mbps、Androidで4.53Mbpsという結果で最下位となった。

 WEB平均表示時間の計測でも順位は同じで、ソフトバンクのiPhoneが2.54秒、Androidが2.51秒でトップ。auのiPhoneは3.66秒、Androidは2.67秒、ドコモのiPhoneは4.22秒、Androidは3.54秒となった。

 ダウンロード速度分布を見ると、ここでもドコモの苦戦が目立つ。iPhoneで見ると、10Mbps以上を記録したのはソフトバンクは82地点、auは30地点だが、ドコモは3地点。Androidでもソフトバンクの57地点、auの52地点に対し、ドコモは1地点と差を付けられる結果となった。

 ソフトバンクのiPhoneは、イー・モバイルのネットワークを使う倍速ダブルLTEの開始もあったためか、最も速い結果となった。Androidは、AXGPとFDD-LTEのどちらも掴む「Hybrid 4G」に対応する端末を使用。au、ドコモのAndroidより速く、ラッシュ時でもネットワークの強さを感じさせる結果となった。

 auは、iPhone 5c/5s以降iPhoneで対応した800MHz帯のLTEもあってか、ソフトバンクには及ばないものの、まずまずといったところ。AndroidはiPhoneが対応しない1.5Ghz帯のLTEにも対応しているためか、iPhoneよりやや良い結果となった。

 ドコモはiPhone、Androidともに2社に大きく離される苦しい結果となった。現在、東京・名古屋・大阪で下り最速150Mbpsとなる1.7GHz帯のLTE整備を進めており、今後の巻き返しを期待したい。
《》

関連ニュース

特集

page top