富士通、インドネシアの海底ネットワークシステムを100ギガビット化 | RBB TODAY

富士通、インドネシアの海底ネットワークシステムを100ギガビット化

 富士通は12月20日、インドネシア国内の海底ネットワークシステム「JaKa2LaDeMa(ジャカトゥラデマ)」において、最新DWDM伝送装置を導入し、回線1波長あたりの容量を従来の毎秒10ギガビットから、毎秒100ギガビットへに大容量化したことを発表した。

ブロードバンド テクノロジー
JaKa2LaDeMaイメージ写真
  • JaKa2LaDeMaイメージ写真
  • FLASHWAVE 9500
 富士通は12月20日、インドネシア国内の海底ネットワークシステム「JaKa2LaDeMa(ジャカトゥラデマ)」において、最新DWDM伝送装置を導入し、回線1波長あたりの容量を従来の毎秒10ギガビットから、毎秒100ギガビットへに大容量化したことを発表した。

 「JaKa2LaDeMa」(Jawa-Kalimantan-Sulawesi-Denpasar-Makasar)は、カリマンタン、スラウェシ、ジャワ、バリ、ロンボクの5島を繋いだ全長約1,800kmにわたる海底ネットワークシステム。富士通とドイツの大手総合ケーブルメーカーNorddeutsche Seekabelwerke GmbHとが共同で、インドネシアの通信キャリアP.T. Telkom Indonesiaに2010年に納入した。年率6%以上で経済成長しているインドネシアでは、2012年から2017年の間、世界で2番目に高い42%増というIPトラフィック増加率が予想されている。

 富士通は、最新のDWDM(Dense Wavelength Division Multiplexing)装置である複合型光伝送装置「FUJITSU Network FLASHWAVE 9500」とその監視システム「FUJITSU Network NETSMART 1500」を今回納入し、毎秒100ギガビットの超高速伝送技術を適用した大容量システムを実現した。既存の海底ネットワークシステムをそのまま活用し、伝送容量の合計を、従来の毎秒90ギガビットから毎秒490ギガビット(約5倍)に増設した。将来的にはさらに5倍の毎秒2,400ギガビットにまで増強することが可能だという。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top