今夜は“ふたご座流星群”がピーク…流星がスマホにとどく? | RBB TODAY

今夜は“ふたご座流星群”がピーク…流星がスマホにとどく?

 ふたご座流星群が今夜(12月14日)ピークを迎える。ウェザーニューズは“ふたご座流星群”の観測を楽しんでもらうため、中継映像で流れた流星動画をスマホへ配信するサービス“流星キャッチャー”の事前登録を受け付けている。

ブロードバンド テクノロジー
流星キャッチャー
  • 流星キャッチャー
  • 12月14日の天気は?
  • SOLiVE24
 ふたご座流星群が今夜(12月14日)ピークを迎える。ウェザーニューズは“ふたご座流星群”の観測を楽しんでもらうため、中継映像で流れた流星動画をスマホへ配信するサービス“流星キャッチャー”の事前登録を受け付けている。

 “流星キャッチャー”は、24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」で放送される全国 7カ所からの流星のリアルタイム動画を、インターネットで番組に参加している人と一緒に見守り、参加者からの「流星発見!」「火球!!」などの声をもとにスタッフが3分以内に動画を編集し、登録者のスマートフォンに動画を配信するサービスだ。

 “流星キャッチャー”は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の『スマートアラーム』から設定でき、14日の21~24時に流星が観測された際に動画を配信する。

 当夜の天気は、ウェザーニューズによると冬型の気圧配置となるため、北~西日本の日本海側では観測が難しそうだが、太平洋側では雲が少なく、「特に関東ではバッチリ観測できる」予想だ。ただし、夜は冷え込むので、観測される人には暖かい服装を勧めている。

 “流星キャッチャー”は、有料会員向けのコンテンツ。スマートフォン向けアプリケーション「ウェザーニュースタッチ」内にある『スマートアラーム』から、事前に設定しておくと、流星が観測された際、スマートフォンのPUSH通知が届き、いち早く流星動画を楽しむことができる。通知を受け取る流星の中継エリアは“全国”“現在地”から選択できる。北~西日本の日本海側では観測が難しい天気が予想されるので、ウェザーニューズでは事前の登録を勧めている。

 24時間ライブ放送番組「SOLiVE24」では、“ふたご座流星群”について、14日21~24時に全国各地から生中継を行なう予定だ(事前番組:21時~、流星中継:22~24時)。観測スポットは、北海道:帯広畜産大学、東北:国立天文台水沢VLBI観測所、関東:幕張テクノガーデン、中部:国立天文台野辺山宇宙電波観測所、近畿:大塔コスミックパーク星のくに、中四国:阿南市科学センター、九州:たちばな天文台の7カ所。番組は、スマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」の『SOLiVE24 Ch.』で楽しめる他、PCやテレビ(BS 910Ch)でも無料で視聴可能だ。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top