パナソニック、4K対応タブレット「TOUGHPAD 4K」の発売を延期 | RBB TODAY

パナソニック、4K対応タブレット「TOUGHPAD 4K」の発売を延期

 パナソニックは、12月中旬に予定していた4K表示のWindowsタブレット「TOUGHPAD 4K」の発売を2月に延期すると発表した。当初のスペックを安定的に確保するため、一部部品の設計変更を行うとしている。

IT・デジタル スマートフォン
発売が延期された4K対応タブレット「TOUGHPAD 4K」
  • 発売が延期された4K対応タブレット「TOUGHPAD 4K」
  • 10月のCEATEC Japan 2013でも披露された
 パナソニックは、12月中旬に予定していた4K表示のWindowsタブレット「TOUGHPAD 4K」の発売を2月に延期すると発表した。当初のスペックを安定的に確保するため、一部部品の設計変更を行うとしている。

 「TOUGHPAD 4K」は、2013年1月のCES 2013で披露され、9月に12月中旬発売と発表されていた。ディスプレイは20インチで、解像度3,840×2,560ピクセルの4K表示に対応。20インチでほぼA3サイズが原寸大で表示可能だという。OSがWindows 8.1 Pro(64bit)、プロセッサはCore i5-3437U vPro(1.9GHz)、メモリ4GB、ストレージ128GBを搭載し、予想実売価格は450,000円前後だった。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top