KDDI、MNP26ヵ月連続トップ、ドコモも回復傾向見せる……11月契約者数 | RBB TODAY

KDDI、MNP26ヵ月連続トップ、ドコモも回復傾向見せる……11月契約者数

IT・デジタル モバイル

契約者数でやはりカギを握るのはiPhoneか。11月末に在庫改善がアナウンスされ、12月は本格的な冬商戦に入る
  • 契約者数でやはりカギを握るのはiPhoneか。11月末に在庫改善がアナウンスされ、12月は本格的な冬商戦に入る
  • NTTドコモ契約者数
  • KDDI契約者数
  • ソフトバンクモバイル契約者数
 電気通信事業者協会(TCA)は6日、携帯各社11月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。MNPでは、NTTドコモが回復傾向を見せたものの、KDDI(au)が26ヵ月連続トップとなった。

 契約者数は、NTTドコモが93,400件の純増で61,902,500件、KDDIが190,200件の純増で39,394,300件、ソフトバンクモバイルが237,100件の純増で34,535,200件と、3社とも純増。ソフトバンクモバイルの純増数トップは23ヵ月連続。

 MNPでは、KDDIが56,800件、ソフトバンクモバイルが12,300件の転入超過、NTTドコモが68,600件の転出超過となった。KDDIはこれで26ヵ月連続トップ。また、ドコモは10月、11月と2ヵ月連続でMNPの転出者が10万件未満に収まり、回復傾向を見せている。

 各社広報に話を聞くと、NTTドコモでは依然としてMNPで転出超過となっているものの、11月はiPhone 5s/5cの在庫状況が改善し、冬モデルも好調だったとのこと。

 ソフトバンクモバイルは「つながりやすさ」の宣伝効果が純増トップを続ける要因としたうえで、iPhone 5s/5cの在庫状況が改善され、やや低調が続くMNPでも今後は回復するのではと見ている。

 KDDIではMNPでの転入数が減少したものの、4G LTEの宣伝効果や「isai LGL22」の出荷などで、12月は回復が期待できるとした。

 3キャリア三つ巴のiPhone競争がスタートして暫く経過した。他社からの乗り換えを示すMNPでは、以前としてKDDIが強く、今回初めてiPhoneの取扱いを開始して巻き返しを狙ったドコモはまだまだ転入超過までは至っていない。今のところ、iPhone 5s/5c発売以降もMNPをめぐるキャリア構造に大きな変化は起きていない印象だ。但し、10月に約4週間待ちだったiPhone 5s/5cが即日持ち帰れるようになったことを11月末に各社ともアナウンスしており、在庫状況は改善されている。本格的な冬商戦での販売で、契約者状況がどう推移するのか、注目される。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top