ブロードバンド契約、モバイル系が固定系を抜き5割超え……MM総研調べ | RBB TODAY

ブロードバンド契約、モバイル系が固定系を抜き5割超え……MM総研調べ

 MM総研は11月27日、ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2013年9月末時点)の結果を発表した。

ブロードバンド その他
ブロードバンド回線別契約数の推移・予測
  • ブロードバンド回線別契約数の推移・予測
  • FTTH回線事業者の契約数シェア
  • ISP事業者のFTTH契約数シェア
 MM総研は11月27日、ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2013年9月末時点)の結果を発表した。

 それによると、2013年9月末時点のFTTH(光回線サービス)の加入件数は2,460.5万件となり、3月末より75.7万件(3.2%)の増加となった。ただし、市場全体の純増数は、モバイル端末や高速モバイルデータ通信の拡大で、前年同期比16%減と大きく減少している。

 NTTのフレッツ光の加入件数は、1767.2万件(東西合計)で、FTTH市場におけるシェアは合わせて71.8%で、3月末から0.7ポイント減少した。ただし、NTT東日本は、サービス利用料金を24か月間割引する「思いっきり割」の実施期間延長で新規獲得と解約抑止を進め、純増数は前年度同期比4%増と堅調に推移しており、9月末の加入件数は998.5万件(FTTHシェア40.6%)となっている。NTT西日本は、西日本各地域における競争の激化を受け、上期は13.7万件純増(前年同期比40%減)にとどまり、9月末時点の契約数は768.7万件(FTTHシェア31.2%)となっている。KDDIは309.2万件でシェア12.6%。12年3月に開始した「auスマートバリュー」などの好影響により、3月末から22.2万件(7.7%)の増加となった。ケイ・オプティコムも堅調に契約数を伸ばし、144.5万件でシェア5.9%となった。

 ISP事業者のFTTHシェアでは、1位のOCNはかわらず。Yahoo!BBがBIGLOBEを抜きシェア2位となった。5位のSo-netも、下り最大2ギガの光回線サービス「NURO光」が契約数増加に貢献するなど、シェアを堅調に拡大している。

 2013年9月末時点のブロードバンド全体(FTTH、ADSL、CATV、LTE、BWAの合計)契約者数は7,241万件。回線種別比率では固定系(FTTH、ADSL、CATV)が47.9%、モバイル系(LTE、BWA)が52.1%となり、モバイルブロードバンドが過半数となった。今後モバイルブロードバンドは光回線と同等の通信速度を持つLTEやBWA(WiMAX等)が本格的に普及し始め、14年3月末に5,175万件、16年度中には1億件を超える見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top