ミドル世代特有の「第3のニオイ」を発見 | RBB TODAY

ミドル世代特有の「第3のニオイ」を発見

エンタメ その他

男性の身だしなみ意識調査
  • 男性の身だしなみ意識調査
  • 男性の年代別デオドラント意識調査
  • 頭部のニオイが気になる客のニオイのイメージ 
  • 体臭の変化を感じ始める年齢
  • 男性の加齢による体臭変化
マンダム(本社:大阪)では、「男性の体臭に関する意識調査」(10~60歳代の日本人大所1200名へのウエブアンケート/2008年)や「汗とニオイに関する実態調査」(全国の25~49歳の男性282名、女性490名へのウエブアンケート/2013年10~11月)などにおいて、約半数の人たちが30~40代男性の体臭に変化を感じていることに着目。しかし、加齢臭といわれる胸部から発する「2-ノネナール」が顕著に増加するのは50代以降ということから、30~40代男性特有の脂っぽいニオイの原因成分を長年にわたり研究してきた。その結果、20代の若年世代の一般的な汗臭でもなく、また50代以降の加齢臭でもない、ミドル世代特有の「第3のニオイ」を発見した。

この第3のニオイをマンダムでは「ミドル脂臭」と命名。ミドル脂臭は、おもに後頭部や頚部周辺から発生する脂っぽい汗のニオイのこと。ミドル脂臭の原因がエクリン汗由来の「ジアセチル」と呼ばれる臭気成分であることも特定した。20歳~62歳までの男性の先発24時間後の頭部「ジアセチル」の濃度は、40歳を中心に発生量がピークとなることも研究結果よりわかった。また理美容師の調査(頭皮ケアによるアンケート。理美容師409人に実施/2012年3月)でも「男性客の場合、30代後半から頭部付近のニオイが気になる」という声が多く、そのニオイのイメージとして6割以上が「脂っぽいニオイ」と回答している。  

30代~40代は、20代の「一般的な汗臭」と50代以降に顕著になる「加齢臭」と、「ミドル脂臭」という3つのニオイが混在する世代。マンダムでは、後頭部から発生するため自分では気づきにくい「ミドル脂臭」はもちろん、「一般的な汗臭」や「加齢臭」にも対応した『ルシード デオドランドシリーズ』を開発。2014年2月下旬よりシャンプーやボディウオッシュ、デオドランドスプレーなどを販売する予定。

後頭部をよく洗うこともニオイの発生予防には重要だとか。ミドル男性諸氏は、後頭部も念入りに洗髪を!

オヤジ臭は後頭部を洗え!30代から40代男性の「ミドル脂臭」の原因

《森有貴子》

関連ニュース

特集

page top