ドコモ、マルチバンド対応の屋内基地局装置・屋内アンテナを開発 | RBB TODAY

ドコモ、マルチバンド対応の屋内基地局装置・屋内アンテナを開発

エンタープライズ モバイルBIZ

従来の屋内基地局とマルチバンド対応屋内基地局装置の比較
  • 従来の屋内基地局とマルチバンド対応屋内基地局装置の比較
  • 従来の屋内アンテナとマルチバンド対応屋内アンテナの比較
 NTTドコモは11月21日、高速通信LTEサービス「Xi」に対応したマルチバンド対応の屋内基地局装置および屋内アンテナを新たに開発したことを発表した。全国の屋内エリアに、順次設置を開始する。

 マルチバンド対応の屋内基地局装置は、屋内の限られたスペースに設置しやすいよう、1つの装置で3つの周波数帯に対応。屋内アンテナは、これまでのアンテナと同等の大きさで3つの周波数帯に対応する。これにより、2GHz帯に加えて、新たに1.7GHz帯と1.5GHz帯の周波数帯に対応した。

 さらに、本装置およびアンテナは、W-CDMA方式とLTE方式に加えて、LTE‐Advanced方式における広帯域化技術「キャリアアグリケーション」にも対応するため、将来的にはLTE‐Advancedのサービスに必要な装置と組み合わせることにより、受信時最大225Mbpsのさらなる高速通信が実現可能となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top