NTT東日本、中小企業向け「XP更改支援サービス」提供開始 | RBB TODAY

NTT東日本、中小企業向け「XP更改支援サービス」提供開始

 NTT東日本は11月21日、WindowsXPからWindows 7・Windows 8・Windows 8.1への移行にともなう、新旧のパソコン間のデータ移行やパソコンのOSアップグレード等を支援する訪問サポート「XP更改支援サービス」の受付を開始した。12月2日より提供を開始する。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「XP更改支援サービス」サービスイメージ
  • 「XP更改支援サービス」サービスイメージ
  • Windows XPを使い続けることによる影響
  • 「XP更改支援サービス」提供料金について
  • 個人へのXP更改支援イメージ
 NTT東日本は11月21日、WindowsXPからWindows 7・Windows 8・Windows 8.1への移行にともなう、新旧のパソコン間のデータ移行やパソコンのOSアップグレード等を支援する訪問サポート「XP更改支援サービス」の受付を開始した。12月2日より提供を開始する。

 現在マイクロソフト社は、Windows XPのサポートを2014年4月に終了する予定となっている。「XP更改支援サービス」は、技術スタッフが顧客企業の事務所を訪問し、Windows XPからWindows 7またはWindows 8/8.1への移行をサポートするもの。これにより、Windows XP更改に関わる手間を軽減できる。

 また、「オフィスまるごとサポート」の「ITサポート」または「ITサポートtype I」をセットで利用すると、割安な料金で、移行後の新OSに関する操作説明、ITトラブルへの対処やネットワーク設定等も含めてWindows XP更改がサポートされる。

 利用中のパソコン(Windows XP)に保存されているデータ等を、別のパソコン(Windows 7またはWindows 8/8.1)へ移行する「プラン1」と、Windows 7またはWindows 8からWindows XPへダウングレードしたパソコンをWindows 7またはWindows 8へ再度アップグレードし、パソコンに保存されているデータ等をNASを介してアップグレードした後のパソコンへ移行する「プラン2」とが用意される。アプリケーションの移行は本サービスの対象外。また初期搭載OSがWindows XPのパソコンは本サービスの対象外となる。

 提供エリアは、NTT東日本の営業エリア(新潟県、長野県、山梨県、神奈川県以東の17都道県)。なお、「オフィスまるごとサポート ITサポートtype I」とセットで利用の場合は、全国エリアで提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top