フジテレビが社内PC3000台をXPからWindows 8に移行 | RBB TODAY

フジテレビが社内PC3000台をXPからWindows 8に移行

エンタープライズ 企業
フジテレビ
  • フジテレビ
  • Windows 8.1
 日本マイクロソフトは29日、フジテレビジョンが社内3000台のデスクトップPCのOSをWindows XPからWindows 8に移行するとという導入事例を公表した。移行は9月から開始されており、2014年3月まで7ヵ月をかけて完了する予定。

 フジテレビは、2010年頃からOSの変更を検討しており、当初はWindows 7への移行を予定していたが、OSの見直しに正式に着手した2012年のWindows 8のリリースを見て変更を決定。Windows 8の導入を決めたという。

 フジテレビでは、CMなどを一元管理するシステムや報道支援システムといった放送業務の中枢を担うシステムなど、自社開発した業務用アプリケーションが100本以上稼働しているという。このなかには経理/財務系システムや人事系システムといった基幹系システムも含まれている。Windows 8導入にあたっては、これらの業務用アプリケーションとの整合性が大きな課題だったとしている。

 今回、OSの移行対象となったPCは3,000台のデスクトップだが、同社では今後はタッチパネルデバイスを含んだモバイル端末への展開も検討されているそうだ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top