「HP Chromebook 11」の充電器に過熱の恐れで販売を一時中断 | RBB TODAY

「HP Chromebook 11」の充電器に過熱の恐れで販売を一時中断

 米Hewlett-Packard(HP)とGoogleは13日(現地時間)、HPが製造するノートPC「HP Chromebook 11」の一部機種に不具合が発生し、販売を一時中断すると発表した。

IT・デジタル ノートPC
販売が一時中断されている「HP Chromebook 11」
  • 販売が一時中断されている「HP Chromebook 11」
  • 米HPの呼びかけ
 米Hewlett-Packard(HP)とGoogleは13日(現地時間)、HPが製造するノートPC「HP Chromebook 11」の一部機種に不具合が発生し、販売を一時中断すると発表した。

 不具合は、同端末に同梱されている充電器が、過熱によって使用中に損傷したというもの。同社に少数のユーザーからの指摘があったという。現在、両社は米国消費者製品安全委員会と調査を進めており、今後も随時情報を公開していくとしている。

 「HP Chromebook 11」ユーザーに対しては、同梱されている充電器を使用しないよう呼びかけ、米国の認定機関であるUnderwriters Laboratoriesが認定している他のMicro-USB充電器を使用するよう勧めている。

 これを受け、GoogleのオンラインストアやAmazon.comでは同製品の販売を中断しており、米メディアによれば、米国の大手小売店Best Buyの店頭からも同製品が撤去されているとしている。

 「HP Chromebook 11」は、「Chrome OS」搭載の11.6インチノートPCで10月に発表されたばかりの新製品。価格は279ドルで、すでに米国などで発売されている。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top