クドカン、「自分はまだまだ精神的に中学生」 | RBB TODAY

クドカン、「自分はまだまだ精神的に中学生」

エンタメ 映画・ドラマ

宮藤官九郎氏
  • 宮藤官九郎氏
  • 『中学生円山』 (C) 2013 『中学生円山』製作委員会
 NHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」が空前のブームとなった宮藤官九郎が、自身の監督作『中学生円山』について、42歳で中学生の映画を撮るとは思っていなかったと回想した。

 同作はSMAPの草なぎ剛を迎え、集合団地を舞台に日々妄想にふける中学生と、謎のシングルファーザーが繰り広げる青春妄想アクションを描いた異色作。脚本と監督を務めた宮藤は「42歳で中学生の映画を撮るとは思っていませんでした」と、戸惑いを回想した上で、「完成した映画を改めて見て、自分はまだまだ精神的に中学生なんだなと気がつきました。より多くの精神的中学生に“届く”のは喜ばしいことです。絶対観てください」とコメント。「あまちゃん」ファンとは異なるターゲットに向けた監督作に、強い自信を示した。

 また、主演の草なぎも、「最高に面白い妄想が出てくるのでどっぷり中学生円山の妄想に浸かってください!」とコメントを寄せている。

 『中学生円山』は2014年1月15日DVD&ブルーレイ発売、レンタル同時リリース(発売元・販売元:ポニーキャニオン)。
《鴇田 崇》

関連ニュース

特集

page top