「Evernote for Salesforce」提供開始……ノートとSalesforceのレコードがリンク可能に | RBB TODAY

「Evernote for Salesforce」提供開始……ノートとSalesforceのレコードがリンク可能に

 Evernoteは9月30日、顧客関係やフォローアップ活動などの情報を共有するためのサービスとして、「Evernote for Salesforce」の提供を開始した。「Evernote for Salesforce」は、法人向けラインアップ「Evernote Business」での提供となる。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
EvernoteのノートがSalesforceの「レコード」とリンク可能に
  • EvernoteのノートがSalesforceの「レコード」とリンク可能に
  • アップデート情報はChatterフィードにも表示される
  • 関連ノート
  • ノート
 Evernoteは9月30日、顧客関係やフォローアップ活動などの情報を共有するためのサービスとして、「Evernote for Salesforce」の提供を開始した。「Evernote for Salesforce」は、法人向けラインアップ「Evernote Business」での提供となる。

 Evernote for Salesforceは、Evernoteアプリ標準の機能を備えており、音声、写真、文書などのデータをすべてがEvernote内で管理・検索できる。さらに、見込み客や取引先の情報に関連するEvernoteのノートを、Salesforceの「レコード」とワンクリックで紐付けることができる。

 ノートをすでにSalesforceへリンクさせている場合、自分が行った変更内容は次回Salesforceにログインする時に自動的に反映される。取引先や商談に関して他のメンバーがノートをリンクさせ、社内で共有した場合、それらは自動的に「関連ノート」として表示される。Salesforceの「リード」と「商談」タブを活用することで、営業チームで共有している取引先との交渉状況などを常に追うことが可能。アップデート情報はChatterフィードにも表示されるため、簡単に最新の情報を確認できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top