「死ぬかもしれない!と思った」……渡辺謙、映画『許されざる者』の過酷な撮影振り返る | RBB TODAY

「死ぬかもしれない!と思った」……渡辺謙、映画『許されざる者』の過酷な撮影振り返る

エンタメ 映画・ドラマ

主演映画「許されざる者」(9月13日公開)の撮影秘話を明かした渡辺謙(中央)
  • 主演映画「許されざる者」(9月13日公開)の撮影秘話を明かした渡辺謙(中央)
  • 渡辺謙&佐藤浩市&柄本明/「許されざる者」完成披露記者会見
  • 映画『許されざる者』は「第38回トロント国際映画祭」の特別上映部門へ正式出品されることが決定
  • 渡辺 謙、佐藤浩市の殺陣シーン (c)2013 Warner Entertainment Japan Inc.
 俳優の渡辺謙が、9月13日に公開される主演映画『許されざる者』の撮影秘話を、ゲスト出演したTOKYO FMの番組「ジャパモン」(毎週日曜午後1時~1時55分放送)で明かした。

 脚本家・放送作家の小山薫堂がパーソナリティをつとめる同番組にゲスト出演した渡辺。新潟県・北魚沼郡出身という雪国で育った当時の雪おろしの苦労などを語ったが、そんな渡辺でさえ、『許されざる者』の北海道ロケでは、「死ぬかもしれない!」と思ったほどに過酷だったという。「雪国生まれの自信がこっぱみじん!寒さのレベルが違う。撮影で声を荒げたことが一度もないボクでさえ、監督に“まだ撮るのかー!”と叫んだほど」と、撮影現場の厳しさを明かした。

 今回の作品は、クリント・イーストウッド監督・主演でアカデミー作品賞を受賞した「許されざる者」を、リ・サンイル監督が日本版リメイクとして完成させたもの。人間の本性がむきだしで、画面を正視できないほどの衝撃的なシーンも登場する。渡辺は、「ある作家がこの作品を見て“野生の王国みたい”と言っていた。僕自身は30年も役者をやってきて、どうやって伝えていいかわからないぐらいスゴい作品!」と語った。

 『許されざる者』は9月13日公開。
《花》

関連ニュース

特集

page top