日立とBS-TBS、企業・自治体向けに音声SNS「talkfield」提供開始 | RBB TODAY

日立とBS-TBS、企業・自治体向けに音声SNS「talkfield」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

ソリューション概要図
  • ソリューション概要図
  • 音声投稿画面
  • 再生画面
  • 音スタンプ画面
  • 位置情報付加画面
  • 3画面版
 日立製作所とBS-TBSは9日、共同開発した“日立音声SNSソリューション「talkfield(トークフィールド)」”を実用化し、企業や団体向けの提供を開始した。提供開始に合わせて、モバイルアプリケーションも公開中。

 「talkfield」は、スマートフォン専用アプリケーションを通して投稿した音声メッセージをユーザーが共有できるソーシャルサービス。音声メッセージ投稿画面から、手軽に音声を録音して投稿し、内容の共有が行える。ユーザー全体でコンテンツを共有する「パーク」、共通の目的を持ったメンバーだけでコンテンツを共有できる「カフェ」、特定の相手だけにメッセージを贈る「グリーティング」の3つのフィールドが用意されている。

 音声メッセージを録音すると同時に自動で文字変換する「自動文字変換機能」、あらかじめ指定した日時にメッセージ送信できる「日時指定送信機能」、コミュニティ内で閲覧者を限定できる「限定コミュニティ閲覧機能」など多彩な機能を搭載。今回、サービス化にあたって、効果音やBGMをメッセージに手軽に付与できる「音スタンプ機能」、GPS連動により投稿場所を地図上に表示できる「位置情報付加機能」「Facebook連携機能」なども新たに追加された。

 日立のHarmonious CloudセンターからSaaS型のサービスとして提供されるため、メディアや社会インフラ関連などの分野での利活用。自治体などでは、学校をはじめとした地域のコミュニティを活性化するツールとして、また、自然災害などの緊急時に、安否確認やその後の活動を支援するツールとして利用することもできる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top