小泉今日子、「潮騒のメモリー」で20年半ぶりのオリコンTOP3入り | RBB TODAY

小泉今日子、「潮騒のメモリー」で20年半ぶりのオリコンTOP3入り

エンタメ 音楽

「潮騒のメモリー」で初登場2位を獲得した天野春子(小泉今日子)
  • 「潮騒のメモリー」で初登場2位を獲得した天野春子(小泉今日子)
  • 鉄拳が手がけた「潮騒のメモリー」ジャケット
 小泉今日子演じる天野春子が歌うNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の挿入歌「潮騒のメモリー」(7月31日発売)が、発売初週で7.8万枚を売り上げ、8月12日付オリコン週間シングルランキングで初登場2位となった。小泉にとってシングルのトップ3入りは、1993年2月22日付で3位となった「優しい雨」以来20年半ぶり。

 同楽曲は、「あまちゃん」脚本の宮藤官九郎作詞、音楽の大友良英・Sachiko M作曲による、“1986年に公開されたアイドル映画『潮騒のメモリー』の大ヒット主題歌”というコンセプトで作られたオリジナルソング。7月18日の放送では、アイドルを断念した過去を持つ、主人公・天野アキ(能年玲奈)の母・春子が、実は薬師丸ひろ子(49)演じる大女優・鈴鹿ひろ美の“影武者”として同曲を歌っていたことが明らかになっていた。ジャケットの絵はドラマでもパラパラ漫画を披露している鉄拳が手掛けている。

 オリコン・デイリーシングルランキングでは、3位(7月30日付)→2位(7月31日付)から登場3日目の8月1日付で初の首位を獲得。その後は8月3日付まで3日連続で1位を続けていた。なお、今回20年半ぶりに週間ランキングでトップ3入りを果たした小泉だが、トップ10入り自体久しぶりで、自身が出演のTBS系ドラマ「僕が彼女に、借金をした理由。」の主題歌の「月ひとしずく」(1994年11月発売・最高位7位)以来18年9ヵ月ぶり。これは原由子の25年10ヵ月ぶり、坂本冬美の21年ぶり、美空ひばりの19年10ヵ月ぶりに続く女性アーティスト歴代4位に相当するロングインターバル記録となった。

 なお、ドラマの役名シングルによるトップ3入りは、2011年8月1日付でフジテレビ系ドラマ「マルモのおきて」から誕生した芦田愛菜と鈴木福のユニット・薫と友樹、たまにムック。「マル・マル・モリ・モリ!」が3位となって以来2年ぶりとなった。
《花》

関連ニュース

特集

page top