山梨県とNTT東日本、外国人観光客向けに多言語で情報発信……無料Wi-Fiスポットを活用 | RBB TODAY

山梨県とNTT東日本、外国人観光客向けに多言語で情報発信……無料Wi-Fiスポットを活用

ブロードバンド 回線・サービス

利用イメージ
  • 利用イメージ
  • コンテンツイメージ
  • 山梨県Tourist Informationホームページ
 山梨県とNTT東日本は29日、外国人観光客の利便性向上を目的に、外国人観光客にニーズの高い情報を一元的に配信する「Tourist Information」を開始したと発表した。

 Tourist Informationは、外国人観光客向け無料Wi-Fiスポット「やまなしFree Wi-Fiプロジェクト」の一環として、Wi-Fiスポットサービス「光ステーション」のコンテンツ配信機能等を活用。「観光客の現地での行動を支援する情報」「緊急時、災害時の安全に係わる情報」などを多言語で発信する。背景には、富士山の世界文化遺産登録に伴って想定されている、外国人観光客の増加・多国籍化がある。

 山梨県は「富士山の世界文化遺産構成資産に関するガイド」「県内の各種観光資源、地域産業や文化の紹介」「リアルタイムな交通情報と連携した周遊観光ナビ」「コミュニケーションをサポートする補助ツール」「避難場所の案内」などのコンテンツを多言語にて新たに作成し順次提供する。

 NTT東日本は、それらのコンテンツを「光ステーション」で閲覧できるポータルサイト「Tourist Information」上で提供。外国人観光客は自身のスマートフォン、タブレット等で、ポータルサイトに接続することで情報を手軽に入手、ダウンロードして持ち歩くこと等が可能になり、利便性が大幅に向上するとしている。

 山梨県とNTT東日本は、コンテンツの充実及び活用の促進を図り、外国人観光客受入環境の整備・発展をはじめとして、地域全体の活性化に向けた取組みを進めていくという。
《》

関連ニュース

特集

page top