主婦がいま注目の「節約アプリ」とは?“励まし系”“進化系”など最新トレンドを紹介 | RBB TODAY

主婦がいま注目の「節約アプリ」とは?“励まし系”“進化系”など最新トレンドを紹介

エンタメ 調査

スマートフォンを節約や家計管理に利用したことがありますか?
  • スマートフォンを節約や家計管理に利用したことがありますか?
  • 日々の生活で節約を意識していますか?
  • 「レシーピ!」画面
  • 「シュフモ」画面
  • 「enervo(エネル簿)」画面
 ふだんから節約を意識している主婦は多いが、最近ではスマートフォンを使って節約や家計管理をする人も増えているという。トレンド総研は18日、現代の主婦たちの間におけるトレンドとして、「節約アプリ」に注目したレポートを公開した。

 トレンド総研では、20~30代のスマホユーザーの主婦500名を対象に、「節約」に関する意識・実態調査を実施(7月2日~7月4日)した。まず「日々の生活で節約を意識していますか?」と聞いたところ、94%もの主婦が「意識している」と回答。円安が進んだ昨今、燃料費(ガソリン・電気代など)や、小麦粉などの輸入品価格が高騰し、さらに来年4月に予定されている「消費税引き上げ」などの影響もあり、いま再び主婦の間で、節約志向が高まっているようだ。

 「ふだんの買い物において、物価の上昇を感じることがありますか?」という質問には73%が「ある」と答えた他、「今後、消費税の引き上げにより、家計に影響が生じることを不安に感じますか?」という質問には95%が「そう感じる」と回答している。

 世代・トレンド評論家である牛窪恵氏によると、テレビやネットの節約ノウハウをマネしたり、アイディア調理器具や最新の節電グッズを取り入れたりと、楽しみながら節約に取り組む主婦が目立つようになっているという。また、特に最近は、スマートフォンを活用して節約や家計管理に励む主婦も多く、節約ノウハウを伝える情報系アプリはもちろん、瞬時にローンの計算ができたり、買い物や光熱費の情報を時系列で入力できたりと、さまざまなアプリが登場しているとのこと。中でも、節約の頑張りや効果がひと目でわかる仕組みになっていたり、「よく頑張ったね!」などと褒めてくれたりする“励まし系”アプリが人気だと分析している。

 実際に、「スマートフォンを節約や家計管理に利用したことがありますか?」という質問には、51%と半数以上の主婦が「ある」と回答。なかでも「家計管理」ができるアプリは人気が高く、15%と2割近くが「すでに利用している」と回答している他、73%が「今後利用してみたい」と回答した。

 さらに最近は、レシートを撮影するだけで情報を読み取ってくれたり、SNSとの連携で節約情報を誰かと「シェア」できるなどの“進化系”アプリまで登場しており、今後も進化しながら、普及し続けていくと見られる。そこで最後に、現代主婦たちのニーズを捉えた、注目の「節約アプリ」を紹介しよう。

■賢くレシートを読み取る「レシーピ!」
 大日本印刷が7月1日に配信を開始した「レシーピ!」は、スマートフォンでレシートを撮影するだけで、家計簿を付けてくれるアプリ。日付・店舗・品名・価格・合計金額などの情報を自動で読み取ることが可能。食材・日用品・衣料品といった費目の仕分けや編集が簡単にできる他、当月の収支もグラフでわかりやすく表示される。アプリのキャラクターによる応援・励ましコメントなども表示され、毎日楽しみながら家計管理を続けることができる。さらに、レシートに記載された各食材、またはそれらの組み合わせで作れるレシピを自動的に提案する機能も盛り込まれている。レシピは、NHKエデュケーショナルのレシピサイト『みんなのきょうの料理』が提供する8,000点以上のなかから提案される。同アプリは現在、リリース記念として、8月31日までダウンロード無料で提供されている。

iOS版: https://itunes.apple.com/jp/app/id660231447
Android版: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.receipi.pakayo

■チラシ検索「シュフモ」
 「シュフモ」は、ニフティとサンケイリビング新聞社が運営する、会員数178万人(6月末現在)のチラシ検索アプリ。全国9,800店舗のスーパーのチラシ情報が掲載されており、いつでもどこでも近所の特売情報がチェック可能。また、特売情報から料理レシピやお弁当の献立が簡単に検索できる。さらには、スーパーのチラシを見て、メダルがゲットできる仕組みになっており、貯めたメダルでクイズに挑戦し、見事全問正解すると豪華賞品がもらえる。

iOS版: https://itunes.apple.com/jp/app/chirashi-reshipi-jian-suo/id523012472?mt=8
Android版: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.shuf.shufmo.android

■光熱費の節約をがんばれる「enervo(エネル簿)」
 デジタルアドバンテージが提供する「enervo(エネル簿)」は、毎月の電気料金・ガス料金・灯油代を入力し、光熱費を記録・管理するための無料アプリ。簡単な操作で、毎月の光熱費をインターネット上に記録できる。また、昨年の光熱費との比較もできるため、自分が試した省エネ努力の効果があらわれているかどうかをひと目で把握することが可能だ。他の家庭との光熱費の比較も可能なため、自分の家の光熱費の水準がどれくらいなのかを知ることもできる。自分と似た条件の人と比較して、自分の光熱費を見直すきっかけにするのもいいだろう。

iOS版: https://itunes.apple.com/jp/app/enervo-eneru-bu-for-iphone/id414604656?mt=8
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top