6.4型「Xperia Z Ultra」、Sony MobileのFacebookページ公開の写真で波紋 | RBB TODAY

6.4型「Xperia Z Ultra」、Sony MobileのFacebookページ公開の写真で波紋

IT・デジタル モバイル

15日に公開された「Xperia Z Ultra」の最新写真。カメラの横に小さな黒い点があるのがわかる
  • 15日に公開された「Xperia Z Ultra」の最新写真。カメラの横に小さな黒い点があるのがわかる
  • 発表時の写真。カメラの横に点はない
  • 鉛筆をスタイラスペンの代わりにしている様子
  • 水とはお友だちだという
  • Sony MobileのFacebookページ
 Sony Mobileが、同社のFacebookページ(英文)で6月に発表した「Xperia Z Ultra」の新しい写真を次々と公開している。なかにはちょっと気になる写真もあったりして……。

 フルHD対応スマートフォンとして世界最大約6.4インチのディスプレイを搭載、世界最薄約6.5mmの薄型ボディを実現した(いずれも発表時)「Xperia Z Ultra」。Sony MobileのFacebookページでは発表以来、同機の機能に関するさまざまな写真を公開し、性能をアピールしている。たとえば「Friends with H2O.」(水と友だち)とキャプションされた水中の同機の写真、スタイラスペンの代わりに鉛筆(しかも削りが荒い)を使っている写真などが公開されている。

 そんななか、15日に公開された新しい写真が波紋を広げている。「世界でもっとも薄型のフルHDスマートフォン」とキャプションされているが、注目点はそのカメラの横にある黒い穴のようなもの。発表時のモデルにはなかったもので、赤外線ポートではないかと推測される。もしこれが赤外線ポートだとすれば、発表時にアナウンスされなかった日本発売が現実味を帯びてくる。同じアングルの別の写真にはこの黒い点は見られず、“日本仕様”は発表時にすでに製作され、撮影されていたということにもなりそうだ。スマートフォンとタブレットの中間を埋める「ファブレット」として注目の同機。日本発売は意外と早いかもしれない。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top