スタートトゥデイ、「STORES.jp」を展開するブラケットを完全子会社化 | RBB TODAY

スタートトゥデイ、「STORES.jp」を展開するブラケットを完全子会社化

エンタープライズ 企業

「STORES.jp」トップページ
  • 「STORES.jp」トップページ
  • 「ZOZOTOWN」トップページ
  • 「ブラケット」サイト
  • 「スタートトゥデイ」サイト
 スタートトゥデイおよびブラケットは16日、スタートトゥデイを完全親会社、ブラケットを完全子会社とする株式交換を実施することを決議し、契約を締結した。

 スタートトゥデイは、ファッションECサイト「ZOZOTOWN」の運営を中心に事業を展開。一方ブラケットは、一般向けオンラインストア開設サービス「STORES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)」を主力サービスとして展開している。「STORES.jp」は、2012年9月のサービス開始から累計約4万のオンラインストアを開設している。今年度中には開設ストア数が10万店を超える見込みだ。

 今回の買収について、STORES.jpで開設されるオンラインストアの約70%がアパレルカテゴリ関連のストアであること、出店者からの販売支援および物流サービスに対する需要が高まっていることなどから、両社のシステム基盤やサービス体制の連携シナジーを期待できるとして、合意に至ったとのこと。

 今回の提携により、STORES.jp上でストアを開設しているファッションブランドがZOZOTOWNへの出店を希望する場合、逆にすでにZOZOTOWNに出店しているブランドが自社オンラインストアをSTORES.jp上で開設希望する場合、いずれの場合でも、商品情報・在庫情報を連携した上で、それぞれのサイトに簡単に出店ができるようになる。

 株主交換の実施日(効力発生日)は8月15日の予定。ブラケットの普通株式1株に対して、スタートトゥデイの普通株式350株、総計315,000株を割当て交付する。新株式の発行は行われない。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top