ACCESS、TizenやFirefox OSにも対応する電子出版プラットフォーム「PUBLUS」提供開始 | RBB TODAY

ACCESS、TizenやFirefox OSにも対応する電子出版プラットフォーム「PUBLUS」提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「PUBLUS」の概要
  • 「PUBLUS」の概要
  • 機能構成
 ACCESSは24日、ブラウザのみで電子書籍コンテンツの閲覧・決済を可能とする電子出版プラットフォーム「PUBLUS(パブラス)」の提供を開始した。

 「PUBLUS」は、電子書籍のビューワや、コンテンツ配信、売上管理など、端末からサーバシステムまでを包括的にサポートする電子出版プラットフォーム。

 ACCESSでは従来より、iOSおよびAndroid OS搭載端末向けに提供を行っていたが、ブラウザのみで電子書籍の閲覧を可能とするHTML5ベースのビューワ「PUBLUS Reader for Browser」、ブラウザ上での決済を可能にする機能の提供も開始する。これにより、OSや端末に依存しないサービスを実現した。新しいスマートフォン向けOSであるTizenやFirefox OSにも対応する。

 「PUBLUS Reader for Browser」は、EPUB3ビューワ「NetFront BookReader v1.0 EPUB Edition」をベースに開発されており、HTML5にも対応する。クラウド側でEPUBコンテンツのレンダリング処理を行う新技術を開発することで、ビューワ側の処理を著しく軽減し、かつ、あらゆるデバイスやOS上で表示結果を均一に保つことを可能にした。また「PUBLUS」のWeb本棚機能は、iOSおよびAndroidのアプリケーション版で購入した書籍コンテンツを、ブラウザ版とも相互に共有することが可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top