イー・アクセス「STREAM X(GL07S)」がSoftBank 3Gエリアでも利用可能に! 7月25日から | RBB TODAY

イー・アクセス「STREAM X(GL07S)」がSoftBank 3Gエリアでも利用可能に! 7月25日から

IT・デジタル モバイル

イー・アクセス初のLTE対応端末「STREAM X(GL07S)」がソフトバンク3G回線で利用可能に
  • イー・アクセス初のLTE対応端末「STREAM X(GL07S)」がソフトバンク3G回線で利用可能に
 イー・アクセスは、同社のAndroidスマートフォン「STREAM X(GL07S)」を7月25日からソフトバンクモバイルの3Gエリアにも対応させると発表した。これにより、「STREAM X(GL07S)」は、同社のEMOBILEサービスエリアに加えて、SoftBank 3Gエリア(2.1GHz帯)でも利用可能となる。900MHz帯のプラチナバンドには非対応。

 利用エリア拡大の対象となるのは、「STREAM X(GL07S)」利用者で「LTE電話プラン」に契約のユーザー。イー・モバイル圏外のエリアであってもSoftBank 3Gエリアであれば自動的にローミング接続され、音声通話、SMSおよびデータ通信サービスが利用できる。SoftBank 3G網への接続時には、画面にローミングを示す「RM」のマークが表示される。

 「STREAM X(GL07S)」端末向けに7月25日9時以降、最新プログラムが提供される予定で、これを適用するとSoftBank 3Gエリアが利用できるようになる。

 「STREAM X」は、4.7インチ、解像度1,280×720ピクセル液晶搭載のスマートフォン。イーアクセス初のLTE対応で、LTEルーターとしても利用できる。ワンタッチでテザリング起動ができるように「Pcket WiFi ウィジェット」を搭載。また、同社端末として初めて「おサイフケータイ」に対応した。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top