『ゴリラ』カーナビ……準天頂衛星みちびきにも対応、位置精度をアップ | RBB TODAY

『ゴリラ』カーナビ……準天頂衛星みちびきにも対応、位置精度をアップ

IT・デジタル その他
パナソニック ゴリラ「CN-GP530D」
  • パナソニック ゴリラ「CN-GP530D」
  • データ容量は16GBとなった。道幅を反映した市外詳細地図を収録。ガイドブックデータも有している。
  • メイン画面にはランチャーメニューを用意。必要ないときは消せるので画面もスッキリさせられる。
  • 市外詳細地図のスケールは50m、25m、12m。12mを拡大表示させ、5mスケールとしても使うことができる。
パナソニック『ゴリラ』の2013年夏モデル「CN-GP530D」は、PNDとしての基本を追求しているという。

データ容量は16GB。地図データや検索データ、ガイドブックデータを収録し、ほぼすべてを使っている。容量的にはDVDタイプはもちろん、ハードディスクを使った一昔前のフルナビを超えるものとなった。

5V型のモニターはVGAとなり、道路の幅を地図上に反映することも可能となった。詳細市街地図のスケールは50m、25m、12mの3段階となった。12mスケールを拡大して5mスケールとして表示することもできる。

今回から新たに準天頂衛星の「みちびき」にも対応。みちびきが日本の真上に位置するのは1日8時間程度だが、既存のGPSやジャイロと組み合わせることで、ビル街や山間部での自車位置精度を既存モデルよりも向上させている。

このほか、事故多発地点や急カーブ、合流地点を案内するなど、見知らぬ場所を走るときの安心感についても配慮している。

【パナソニック ゴリラ】準天頂衛星みちびきにも対応、位置精度をアップ

《石田真一@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top