大型太陽フレアを確認、今後2週間の活動に注意……放送衛星・短波通信などに影響 | RBB TODAY

大型太陽フレアを確認、今後2週間の活動に注意……放送衛星・短波通信などに影響

 情報通信研究機構(NICT)は16日、日本時間5月13日~15日の2日間に、合計4回の大型(Xクラス)太陽フレア現象の発生を確認したことを発表した。この現象の最大X線強度は、通常の100倍以上に及ぶ大型のものだという。

ブロードバンド その他
人工衛星SDO(NASA)で観測された太陽画像(左:可視光、右:紫外線)
  • 人工衛星SDO(NASA)で観測された太陽画像(左:可視光、右:紫外線)
  • 人工衛星GOES(NOAA)によって観測されたX線
 情報通信研究機構(NICT)は16日、日本時間5月13日~15日の2日間に、合計4回の大型(Xクラス)太陽フレア現象の発生を確認したことを発表した。この現象の最大X線強度は、通常の100倍以上に及ぶ大型のものだという。

 この現象を引き起こした非常に活発な黒点群は、太陽面東端にあり、今後1週間ほどで地球の正面方向を向き、その後、ほぼ1週間で太陽面西端に移動するものと予想されている。そのあいだに、今回と同規模のXクラスの太陽フレアが発生した場合、地球周辺の宇宙環境や電離圏、地磁気が乱れる可能性がある。

 それにともない、通信衛星・放送衛星などの人工衛星の障害、GPSを用いた高精度測位の誤差の増大、短波通信障害、急激な地磁気変動にともなう送電線への影響などが生じる恐れがあるとして、NICTでは注意を呼びかけている。実際に、今回確認されたフレア現象にともない、ほぼ同時刻に、稚内、東京、沖縄上空の電離圏において、漁業無線や航空無線などの短波通信の障害となる“デリンジャー現象”が発生したことがNICTによって観測された。

 ちなみに今回と同規模のXクラスの太陽フレアは、昨年1年間で7回起ているが、今回は2日間で4回もの太陽フレアが発生している。太陽活動はほぼ11年の周期で変動しており、その周期的な変動は「サイクル」として1755年から数えられている。現在は、2008年1月頃に始まった「第24太陽活動サイクル」となるが、今回の現象は、第24太陽活動サイクル内で初。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top