岡田准一、『図書館戦争』シリーズ化に意欲! | RBB TODAY

岡田准一、『図書館戦争』シリーズ化に意欲!

エンタメ 映画・ドラマ

榮倉奈々&栗山千秋/『図書館戦争』初日舞台挨拶
  • 榮倉奈々&栗山千秋/『図書館戦争』初日舞台挨拶
  • 田中圭&福士蒼汰&石坂浩二/『図書館戦争』初日舞台挨拶
  • 榮倉奈々&栗山千秋&西田尚美&佐藤信介監督/『図書館戦争』初日舞台挨拶
  • 榮倉奈々/『図書館戦争』初日舞台挨拶
岡田准一(V6)主演で有川浩のベストセラーを映画化した『図書館戦争』が4月27日(土)に公開を迎えた。岡田さんを始め、榮倉奈々、福士蒼汰、田中圭、栗山千明、西田尚美、石坂浩二、佐藤信介監督が舞台挨拶に登壇。続編への意欲を見せた。

国家による検閲が合法化された日本を舞台に、権力から本を守るべく創設された図書隊の面々の活躍、鬼教官と新人女性隊員のツンデレな恋を描き出す。

待ちに待った公開を迎え、岡田さんは「最善の努力をして映画化しました」と万感を込めて挨拶。榮倉さんも「映画化には賛否両論あると思いますが、有川先生のファンの方にも好きになってほしい」と呼びかけた。

激しい銃撃戦を含む戦闘シーンは約1万発の銃弾を使用しての大がかりなものになったが、とはいえ各隊員に配られる銃弾には限りが…。田中さんは「節約も大事で、テストのときは『パーン! パーン!』って口で言ってました。最初は恥ずかしかった(笑)」と告白。岡田さんも銃弾が足りなくなりそうな状況の中で「『このシーンは12発以内でお願いします』と言われることもあって、ミスできないプレッシャーがあった」とふり返る。

そんな戦いのシーンを通じて隊員同士の絆が深まっていったようで、岡田さんは「台本にはなかったんですが、『ナイス堂上!』と言われて手を掴むところは幸せを感じましたし、『イケる!』と思いました」と述懐。田中さんも「うちの大将の岡田くんがとにかく頑張り屋さんなので、岡田くんの顔に泥を塗るわけにはいかないという思いでここまで来ました」と熱い友情を垣間見せた。

栗山さんは戦闘シーンへの参加はなかったが「決して得意ではないけど(激しいアクションを)見てると疼きました(笑)。バリバリのアクションがあってもよかったのになと思いました」とちょっぴり羨ましそう。

一方、アクションだけでなく図書隊の激しい訓練シーンなどでも男性陣に混じって機敏な動きを見せた榮倉さんは「トレーニングのシーンは1日で撮ったので、スクワットをやるシーンでは足がパンパンでした。『これはできないかも…』と思ってたら、アドリブで岡田さんが『(回数を数えながら)11、12、12、12…』と言ってきて…(苦笑)。でも、意外と立て直すことができて、自分でもビックリしました。気合いですね(笑)」と岡田“上官”によるシゴキ(?)を含む厳しい撮影の一端を笑顔で明かした。

メインキャストの中で最年少の福士さんは、現場で岡田さんを始め先輩俳優陣に可愛がられていたようで、この日も岡田さんから「今日も可愛いね!」と声を掛けられハニかんでいた。映画を観終わったばかりの観客に「もっとこのキャラクターたちのストーリーを見たいですか?」と問いかけると、会場からは大きな拍手が。福士さんは「僕もそう思いました」と満面の笑みを浮かべる。

岡田さんも「この映画がヒットすれば続編の可能性もあります」とシリーズ化への強い意欲を口に、ファンの期待を煽った。

『図書館戦争』は全国東宝系にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top