大林組、マイクロソフトのクラウドを導入……工事現場のタブレットにも | RBB TODAY

大林組、マイクロソフトのクラウドを導入……工事現場のタブレットにも

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

大林組ホームページ
  • 大林組ホームページ
  • マイクロソフトとNECの協業の歩み
 大林組は、ワークスタイル変革の一環として、日本マイクロソフトのクラウドサービスOffice 365を活用した情報基盤を導入すると発表した。

 このシステムはNECがOffice 365の導入、ID管理システム・人事システムなどの既存システムとの連携機能を開発したもの。今年5月に電子メール機能から順次利用開始予定であり、大林組及び国内グループ会社の従業員等約1.5万人が利用する、大規模なOffice 365活用事例となる。

 大林組が導入する情報基盤は、Office 365を活用し、電子メール、スケジュール管理、ファイル共有、Web会議などのコミュニケーション機能や情報共有機能を提供するもの。ICT環境やワークスタイルの変化への迅速かつ柔軟な対応を実現。同社では、オフィスのパソコンに加えて、工事現場を中心に活用中の約3000台のタブレット端末でもこれらの機能を利用し、生産性向上に繋げていく予定だという。

 大林組は今後、本システムの海外グループ会社への展開や、Office 365各種機能の活用による、さらなるワークスタイル変革の実践を目指すとしている。
《》

関連ニュース

特集

page top